TOP > 導入企業 > プロフェッショナル ダイアログ > 三菱電機株式会社さま vol.1-2

三菱電機株式会社さま vol.1-2|プロフェッショナル ダイアログ

登場人物

三菱電機株式会社
宣伝部 デジタルメディアグループ
コンテンツ チームリーダー
粕谷 俊彦さま

株式会社マーズフラッグ
代表取締役社長
武井 信也

もくじ

三菱電機とマーズフラッグの協力で生まれた「MARS FINDER」

武井 当社がポータルサービスとして「見える検索」を発表したのは2005年になります。この以前に粕谷さんを納得させるイメージ検索はなかったのですか?

粕谷 なくはなかったですね。とある大手ポータルはサイトのキャプチャ表示をやっていましたが、問い合わせをしても回答がありませんでしたし、ほかに海外のベンチャー企業もあったのですが、ちゃんと日本語化できるのか不安があった(笑)

武井 海外のパートナーと取り引きする場合、クオリティの管理が困難だというデメリットがありますからね。

粕谷 そうこうする内に御社から「見える検索」の発表がありました。日経新聞で御社の広告を読み、ポータルサービスをやっているならば、その技術を企業向けのサイト内検索にも使えないかということで、こちらからアプローチをしたのです。

武井 当社のサイト内検索サービス「MARS FINDER」は、このときは影も形もなかったのですが、粕谷さんから声をかけていただいたことで誕生したんですよね。しかし、オフィシャルサイトに「MARS FINDER」を導入するにあたって、障壁になるものはなかったのですか?

武井 当時の上司の懸念として、「見えるようになるのはいいが、自分たちが本当に伝えたいものを正しく表示できるか?」というのはありました。

武井 ページをキャプチャして表示するときに、画像に欠けがあったりすると美しくないということですね。

粕谷 そのころ当社のサイトはフレームを採用していましたが、「MARS FINDER」では見た目そのままを表示してもらいたかった。つまりメインフレームのファイルだけではなくヘッダーやフッターを入れたブラウザ上で見えているそのままでキャプチャして欲しかったということです。

武井 そのあたりのすり合わせでは、粕谷さんのご指摘などを反映して何とか満足していただけるものを作るように心がけました。もちろん、まだまだの部分はあるかと思いますが。

粕谷 いや、しかしよく対応していただけたと思いますよ。特にフラッシュのアニメですが、ロード中ではなくFIXしたものをキチンとキャプチャして表示する技術には、本当に驚かされました。そうした作り込みへのこだわりを感じることができたときに「お願いしてよかった」と改めて思いました。

武井 粕谷さんに見初めていただき、当社が新たに「MARS FINDER」というソリューションを得ることができました。これには本当に感慨深いものがあります。

⇒ 続きを読む

お問い合わせ

マーズフラッグのサービスに関するご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP