TOP > 会社情報 > ニュースお知らせイベント情報 > Python Conference Japan 2014に、弊社R&D部の山下勝司が登壇します

Python Conference Japan 2014に、弊社R&D部の山下勝司が登壇します

イベント2014年7月16日

「Python Conference Japan 2014」(以下 PyCon JP 2014)に、弊社R&D部の山下勝司が登壇します。

PyConは、Pythonユーザが集まり、PythonやPythonを使ったソフトウェアについて情報交換、交流をするためのカンファレンスです。 PyCon JPの開催を通じて、Pythonの使い手が一同に集まり、Pythonにまつわる様々な分野の知識や情報を交換し、新たな友達やコミュニティとのつながり、仕事やビジネスチャンスを増やせる場所とすることが目標です。

PyCon JP 2014:イベント概要

チュートリアル

2014年9月12日(金)

カンファレンス

2014年9月13日(土)・14日(日)

開発スプリント

2014年9月15日(月・祝)

会場

プラザ平成(東京)

テーマ

Pythonで再発見

参加者数(予定)

500

参加費

EarlyBird(早割) 7,500円
学生 5,000円
一般 10,000円

運営

PyCon JP 実行委員会 PyCon JP 2014 運営チーム

Webサイト

https://pycon.jp/2014/

「Pythonとscikit-learnではじめる機械学習」

近年、スパムフィルタリング、レコメンデーション、画像認識、検索エンジン、広告配信システムなど、様々な分野で機械学習の技術が利用されています。機械学習のアルゴリズムは正しく利用すれば大きな効果が期待できますが、アルゴリズムは理論的に高度なものが多く、正しく実装することは容易ではありません。しかし、Pythonにはscikit-learnと呼ばれる機械学習ライブラリが用意されており、scikit-learnを利用することで、複雑なアルゴリズムを手軽に利用することが可能です。

本セッションでは、機械学習およびscikit-learnの紹介を行い、さらにスパムフィルタの理論的な解説とともに、Pythonとscikit-learnを利用したスパムフィルタの実装例を示します。

トーク

山下勝司, 株式会社マーズフラッグ R&D部

日時

2014年9月14日(日) 13:40~14:10

場所

Conference Room 1

詳細

https://pycon.jp/2014/schedule/presentation/22/

お問い合わせ

イベントの詳細・参加のお申し込み・お問い合わせはこちら

本件に関するお問い合わせ

株式会社マーズフラッグ

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル3F

※ニュースリリース記載の全ての情報は公開日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

⇒ ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

マーズフラッグへのご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP