TOP > 会社情報 > ニュースお知らせイベント情報 > Webサイト品質管理サービス「MARS QUALITY」提供開始

Webサイト品質管理サービス「MARS QUALITY」提供開始

ニュースリリース2012年10月29日 PDF版はこちら

特別なWeb 知識がなくても問題箇所を一目瞭然で把握、多言語対応でグローバルサイトの運営にも有効活

国内の主要企業にサイト内検索サービスを提供する株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:武井 信也 以下マーズフラッグ)は、この度、SaaS 型のWeb サイト品質管理サービス「MARS QUALITY(マーズクオリティー、以下MARS QUALITY)」の提供を開始することを発表します。本サービスは、本日より、自社サイトを運営する管理者並びにWeb 制作会社向けに本格展開します。

Web サイト品質管理サービス「MARS QUALITY」は、Web サイトのリンク切れ、画像のロスト、タグの抜け漏れ等のサイトの問題箇所を自動抽出し、直感性に優れたレポーティングにより、サイトの状態を負荷なく網羅的に管理するサービスです。チェック対象のページやチェックタイミングを自由自在に設定でき、サイトのリニューアル、大幅なコンテンツの追加・改修におけるリリース前チェック、運用中における定期/不定期のモニタリングにいたるまで、様々な目的で必要なときにサイトの状態を確認することが可能です。また、チェック結果の履歴管理により、サイトの品質の向上/劣化を把握でき、さらにサイト構造の履歴管理により、サイトの成長を把握することができます。

従来型のWeb サイト品質管理ツールでは、専門技術者がコーディング品質を細密に管理するハイスペックなツールが主流であり、一般のコンテンツ管理者や営業担当者がツール機能を使いこなすことが難しいという点が課題となっていました。

この度本格展開する「MARS QUALITY」は、サイト管理者はもちろん、特別なWeb 知識をお持ちでないコンテンツ管理者でも必要十分な品質管理ができることを目指して開発したものです。チェック項目をサイト訪問者が気づきやすい項目に限定するとともに、修正が必要な箇所を直感的に把握できるレポート表示、品質をスコア管理できる機能、Web 制作会社と社内の主幹部門との間でレポートをオンライン共有できる配信機能などにより、誰でも無理なくWeb サイトの品質管理ができるようになります。

また、「MARS QUALITY」は、ツール利用者のグローバル化に対応し、日本語での画面と併せて英語及び中国語での画面を提供しています。グローバル企業の大規模サイトにおいてもご活用いただけます。

当社では、この度の本格展開に先立ち、国内大手企業数社に対しトライアルを実施し、チェックの自動化によりNG 箇所を短時間で網羅的に特定できることや、チェック結果の自動レポート機能による情報共有工数の削減等、サイトリニューアル時はもとより通常運用時のコスト低減効果が評価され、順次、本格導入の準備に入っています。

当社では、本サービスの販売目標として、初年度50 社でのご採用を計画しています。

参考:Webサイト品質管理サービスMARS QUALITY概要

マーズフラッグ社が独自技術で開発したWebサイト品質管理サービスです。サイトの構築時・改修時に問題箇所を一括把握したい場合や、日々のメンテナンスで生じる品質低下を全体管理したい場合に有効活用でき、企業様のWebサイト品質の向上とともに、管理コスト・管理負荷の低減に貢献します。

MARS QUALITYの特徴

特別なWeb知識がなくても利用できるわかりやすさ

誰でも利用できる操作のし易さ、感覚的に状態を捉えられる平易なレポート表示。HTMLの知識がなくても、重点管理すべき箇所がわかり、制作者に必要な指示が出せます。

チェック項目を必要十分な項目に限定、優先的に修正すべき箇所の特定が容易

サイト訪問者が気づきやすい不備や離脱原因となる重要な項目を優先的にチェック。チェック項目を必要十分な範囲に限定することで、修正効率を飛躍的に向上させます。

サイトの品質管理と同時に、サイトの成長を管理することが可能

Webサイト全体のファイル数(HTML/CSS/画像/他)の増減をグラフ表示。サイト全体の成長曲線を俯瞰的に把握でき、リニューアルやコンテンツの追加による成長を一目瞭然で把握。

チェック対象のページ数に応じて設定されるサイト規模に最適な料金体系

品質チェックを実施するページ数に上限を設定して、月額料金を決定。上限ページ数の範囲でなら、回数や頻度を制限せずに、必要なときに利用できます。

主な機能

1. 問題箇所の自動抽出機能

品質チェックにより、チェック対象としたサイトのNG数をディレクトリ別にランキング集計。NG項目別にブレイクダウンし、該当するNG箇所と影響範囲を詳細把握。

2. ディレクトリツリーでの構造表示機能

Webサイト全体のファイル数(HTML/CSS)をサイトのディレクトリツリーで表示。サイトの構造を感覚的に把握、ページの相互リンクの一覧により改修の影響を把握。

3. 品質のスコア・履歴管理機能

品質チェック結果を、NG種別ごとの重み付けを反映してスコア化。品質の状態を指標管理し、過去からの品質改善/劣化の推移をグラフ表現で把握。

4. 品質チェック・改修フローの自動連携機能

品質チェックを実施する都度、チェック結果レポートを各主幹部門やサイト制作者に自動配信。サイトの修正依頼やチェック結果の報告業務の負荷を軽減。

レポート画面イメージ

問題箇所の自動抽出結果画面

サイト全体の成長把握画面

品質のスコア管理画面

本件に関するお問い合わせ

株式会社マーズフラッグ

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル3F

※ニュースリリース記載の全ての情報は公開日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

⇒ ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

マーズフラッグへのご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP