TOP > 会社情報 > ニュースお知らせイベント情報 > サッポロビール、サイト内検索サービスMARS FINDERを採用

サッポロビール、サイト内検索サービスMARS FINDERを採用

ニュースリリース2011年1月12日 PDF版はこちら

国内の主要企業にサイト内検索サービスを提供する、株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:武井信也 以下マーズフラッグ)は、2010年12月7日にサッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区恵比寿、代表取締役社長:寺坂史明 以下サッポロビール)のWebサイトにおいて、この度サイト内検索サービス MARS FINDER(マーズファインダー 以下MARS FINDER)の提供を開始いたしました。

サッポロビールグループでは、サイトユーザーの利便性の向上とグループ企業3社計4サイトへのサイト内検索一斉導入によるグループ企業間の回遊機会創出を目的としてMARS FINDER導入を決定しました。

検索機能面ではマーズフラッグが2010年5月に特許を取得した次世代サジェスト機能「インテリ・アドバイザー」*1 により検索結果表示を保証する事で効率的な検索が実現可能となりました。また、検索キーワードランキング機能の導入により、コストをかけて制作した品質の高いコンテンツの興味を喚起し、オウンドメディア化しつつある企業Webサイトでの回遊性を高める事が可能となりました。さらに、企業活動が急速にグローバル化する中で、サッポロホールディングス株式会社の英語サイトにおいてMARS FINDERの豊富な機能を実装する事によりグローバルのステークホルダーとの信頼関係強化に貢献することが可能となります。

マーズフラッグが生み出した技術革新は、まやかしの無い設計ポリシー、妥協の無い品質へのこだわり、高いセキュリティ強度と耐アタック特性、そして先進的な機能性を持ち、上流からの冗長化構成が標準で実装されております。 これらにより、お客様のWebマーケティングにおいてビジネスの安定性をさらに強固なものにして参ります。

*1 インテリ・アドバイザー メリット:

以下機能により機会損失を回避し、的確に製品名・ブランド名を伝達します。

1. 文書内に必ず存在するキーワードをアドバイスする

2. マッチ率を反映させた順序でキーワードをアドバイスする

3. ローマ字・かな変換機能

4. 正確に記憶する事が難しいキーワードは正しいつづりをアドバイスする

利用イメージ

本件に関するお問い合わせ

株式会社マーズフラッグ

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル3F

※ニュースリリース記載の全ての情報は公開日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

⇒ ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

マーズフラッグへのご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP