TOP > 会社情報 > ニュースお知らせイベント情報 > マーズフラッグ、東レにサイト内検索MARS FINDERを導入

マーズフラッグ、東レにサイト内検索MARS FINDERを導入

ニュースリリース2009年2月5日 PDF版はこちら

「見える」サイト内検索のイノベーター、株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 武井 信也 以下マーズフラッグ)は、東レ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 榊原 定征 以下、東レ)の公式ホームページにおいて、この度、SaaS「見える」サイト内検索サービスMARS FINDER(マーズファインダー、以下MARS FINDER)を2月5日に導入いたしました。

東レは、「新しい価値の創造を通じて社会に貢献」という企業理念のもと、Webサイトを通じたコミュニケーションを円滑にしたいと考えており、サイト内検索についても、さらなるユーザビリティと利便性の向上を目指していました。今回のMARS FINDER導入により、お客様に新しい価値と高い品質の製品、サービスをより的確に伝えることが出来ると期待しており、マーズフラッグではそのサポートができたことを嬉しく思っております。

東レ様:検索結果イメージ

MARS FINDERは、先進的な検索エンジンの技術力により検索結果の1ページ目にお客様の期待に応える情報を反映しております。また東レの「正確なイメージ・メッセージを伝えたい」という思いから、コーポレート※図1プレスリリース※図2製品・事業※図3 各カテゴリー毎に分けることで、お客様が目的の情報に速やかにたどりつけるよう演出しております。

そして、お客様に配慮したサービスとして、キーワード入力が手軽にできるアドバイス機能「インテリ・アドバイザー※4」と高速PDFビューワの「MUV(MARS UNIVERSAL VIEWER)※5」を搭載することでサイト資産の有効活用とユーザビリティ向上を実現しております。

マーズフラッグでは、今後とも多くの企業にMARS FINDERを提供し、『顧客感動』を理念に常に進化するサービスを提供して参ります。

*4 「インテリ・アドバイザー」機能

検索キーワードとWeb文書をリアルタイムに解析し、検索候補キーワードを自動表示する、キーワード補完機能

*5 「MUV(MARS UNIVERSAL VIEWER)」機能

AdobeリーダーなどソフトのインストールなしにPDFの該当ページをファイル単位でなくページ単位で閲覧できる機能

本件に関するお問い合わせ

株式会社マーズフラッグ

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル3F

※ニュースリリース記載の全ての情報は公開日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

⇒ ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

マーズフラッグへのご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

Page TOP